Yotazo Lab.

ほぼ自分用。でも誰かの役に立つかもしれない話題

マキタの充電式ドライバドリル DF333DZ を買いました

f:id:yotazo:20190815151902j:plain

新しい電動ドライバーを買いました。
ジャーン。

マキタ製で、正式名称は「充電式ドライバドリル DF333DZ」です。


f:id:yotazo:20190815151904j:plain

中身はこんな感じ。
超シンプル!
付属品はオマケ程度のドライバビット1本とフック、それと説明書。
バッテリーは持っているので本体のみの型番を買いました。


こちらが今回購入した本体のみの型番 DF333DZ


バッテリーを持ってない方はこちら。10.8Vスライドバッテリー(1.5Ah)が2個と充電器、ケースが付属するセットで、型番がDF333DSHXになります。

マキタ(Makita) 充電式ドライバドリル DF333DSHX

マキタ(Makita) 充電式ドライバドリル DF333DSHX


ちなみにこのバッテリーが1個あれば、こちらのページにあるマキタの10.8Vスライドバッテリーシリーズの電動工具でバッテリーを使い回すことができるので色々捗ります。

人気のこの掃除機も同じバッテリーで使いまわせます。


同時期発売のDF033DZ(セットはDF033DSHX)は、チャック(ビットを取り付ける部分)が六角軸ビット専用のチャックになります。

この六角軸の専用チャックは、ビットの取り替えが素早く行えるのでとても便利なのですが、このような六角軸のビットしか使用できません。

一方、DF333DZはドリルチャックという方式で、0.8~10mmまでのビットを固定できるので、いろいろなビットを使うことができます。

こんなのとか

こんなのとか

普通の電動ドライバーとして使うのであれば六角軸でいいと思いますが、ドリルとして使うのであれば、ドリルチャック方式のうほうが何かといいかと思います。

うちは昔からある丸軸のビットが結構あるのでDF333DZのほうにしておきました。



f:id:yotazo:20190815151941j:plain

さて、なんだかんだで見た目がかっこいいですよね。
うーん、色がいいなあ。
趣味の道具は見た目も大事ですぜー。


f:id:yotazo:20190815151916j:plain

ロゴもいいなあ。


f:id:yotazo:20190815151905j:plain

で、回転速度は低速←→高速の2段階切り替え。
締め付け力はそれぞれ1~20段階でクラッチが効きます。

ドリル用にクラッチ無し直結のドリルモード、軸が空回りせず本体を手回しのドライバーのように使える手締め機能もあります。


f:id:yotazo:20190815151921j:plain

バッテリーは手持ちの10.8Vスライドバッテリーを使用。

大容量の4.0Ahもありますが・・・まあ、いらないかな。


バッテリーや充電器などの電源周りはメーカー純正品を使いましょう。
安物を使うのは危険ですよー。

こちらはセットに入ってくるDC10SA。


f:id:yotazo:20190815151920j:plain

かっこいいので無駄に写真を撮ってしまいます。

あー楽しい(笑)